高価に値をつけるリサイクルショップで高く買ってもらう方法

最近は大量生産で物があふれている

最近の世の中は経済活動ばかりが大きくなってしまい、大量にものを生産することで経済活動が成り立っており市場にはものがあふれかえった状態になってしまっており、消費する側はいったい何選んだら良いのやらといった感じで自分にとって必要なものを理解していない人が多いですね。
こうやってモノがあふれているからわけわからずに買ってしまって、合わなかったり飽きたりしたらすぐにためらいもなく捨ててつぃまうという悪循環の繰り返しが今の大量消費の時代なのではないかと思います。
これによって無駄な資源をたくさん産んでしまうことになり、ごみの問題になっていき取り返しのつかないことになってしまうのです。
昔は物のない時代でしたからそれは大事に一つのものを使っていたものです。

大量に物があるので買って捨てるの繰り返し

しかし今ではすでに大量のものがあるので、簡単にものを購入してしまい物に囲まれていないと納得できない人が数多くいるようで、しかもそういう人たちは飽きるとすぐに捨ててしまう問い悪い癖を持っています。
すると海を埋め立てて処分しなくてはならなくなったり、焼却処分で有害物質を出すことになってしまったりといいことは一つもなくなるわけです。
これには現在の経済が常に物を生産し続けていないと廻っていかない図式を作っていることに一番の問題があり、消費する側と供給する側のバランスが全く取れていないことに問題があるので根の深いところに解決しなくてはいけないところがあります。
この繰り返しの連鎖では地球に存在する無駄な物質は全く減ることはなく、むしろ増え続けて行くとこになり重症の状態になってしまいます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ